ガジェット

【レビュー】日本国内で使えるプリペイドSIMカードを使ってみた

この記事はこんな人にオススメ

  • 毎月半分過ぎた頃に通信容量が気になる
  • 月末に容量を追加してするけど、0.5GBあたりの金額が割高すぎる
  • データ容量を家族に内緒で管理したい

在宅ワークやおうち時間で家で過ごす時間が増えて

インターネットを使う時間が増えている人が多くなりました。

動画を見続けていると今までと同じ使い方をしてきたつもりでも

月半ばで残りの通信容量を確認して詰んだ人もいると思います。

そんなあなたに今!おすすめしたいのがプリペイドSIMカードです。

実は私も先月その1人になったので実際にSIMカードを使った感想をまとめてみました。

【レビュー】日本国内で使えるプリペイドSIMカードを使ってみた

プリペイドSIMカードとは

プリペイドSIMカードは分かりやすく言うと

使い切りSIMカードのことです。

昔あったインスタントカメラのように容量を使い切ったら終わりになります。

よく海外旅行へ行く時に活用している人も居ると思いますが

海外から来た人も日本で同じようにSIMカードを調達しているので

今回は【日本国内向け】のプリペイドSIMカードを購入しました。

今回私が購入したのはこちら↓

先月は調子に乗って動画を見ていたら月半ばに一気に通信容量制限がかかったので

180日の間に30GB使えるもの、普段使っているドコモ回線を選びました。


他にも20GB〜自分に合う容量を選べるのがいいところです。

他に準備したものは

  • WiFiネットワーク(設定時に必要です)
  • テザリングできるSIMフリーの機器(古いスマホ等でも代用可)

↑私はセルラー版のiPad miniを持っているのでそれを活用しました。

パッケージは家電量販店にあるイメージの型紙ではなく

透明の袋に説明書と商品が入っていて上の部分はホッチキスで留められていました。

開封してみた。

開封してみるとこんな感じです。

裏側に設定に必要なコード番号が書いてあり、

説明書通りに進めればスムーズに設定できました。

SIMサイズも3サイズに対応しているので届いてから

使用する機器に合うサイズに変えれるのがいいですね♪

使ってみた感想

開封したとき気になったところ

パッケージが簡易すぎたのと

SIMカードを入れるためのSIMピンが付属していない!ことでした。

今回は家で設定したので手芸用の針の裏(危ないのでオススメしませんが‥)で無理やり開けました。

出先でワクワクしながら開けたら困っていました。

なので緊急時に取っておくのSIM、というよりは

アクティベーション期限(開通期限)もあるので

設定して緊急時使うものにしておいた方がいいと思います。

速度

体感としてはいつも使っているOCNモバイルの速度と大差ない感じでした。

動画も2倍速にしなければ問題なく見れます。

残り容量等は規定のホームページにシリアル番号を入力すれば

確認できるようになっています。

まとめ

結果として月の通信容量を気にせず

おうち時間を過ごせるようになったので大満足です♪

このおうち時間の流れが変わった後も、

インターネットしすぎた月末は容量制限がかかってチマチマ買い足していたので

こちらでまとめ買いするのもありなと思いました。

気になる方、ぜひ試してみてください