仕事

パソコンで目が疲れる人におすすめ対策

この記事はこんな人にオススメ

  • 眼精疲労が気になる
  • 1日中デスクワークしている
  • ブルーライトカットのアイテムを探している

自宅で仕事をしていても会社で仕事をしていても

パソコンは常に使ってる人が多いのではないでしょうか?

今回は私がパソコン作業中に実際に使っているアイテムについて紹介します。

パソコンで目が疲れる人におすすめアイテム

眼精疲労が気になる原因

目の疲れの主な原因はブルーライトを

パソコン・スマホ・タブレット画面から浴び続けていることになります。

原因①

長時間労働の積み重ね

正社員で働いている人は残業を含むと1日12~13時間労働するときがあります。

繁忙期になるとひどい時は休みがあっても月4日程度と聞く職場もあります。

ずっとパソコンに向かう事務職やSE(システムエンジニア)だと

12時間×5日で週間60時間・1日の半分をパソコン画面の前で過ごしていることになります。

原因②

スマートフォン・タブレットの普及

2010年前後からスマートフォンやタブレットが急速に普及するようになりました。

従来のガラケーで使っていた電話とメールだけでなく

インターネット・SNS・ゲームも幅広い種類が楽しめるようになりました。

タブレット普及率も2019年時点で40%近くになっており

スキマ時間に電子機器を楽しむ人が増えていることが分かります。

 

このように長時間労働+スキマ時間のスマートフォン・タブレット等で

常に画面からブルーライトを浴びていることになります。

対策

おすすめ対策①

生活環境の見直し

長時間労働でずっとパソコンに向かわないといけない時は

1~2時間毎に5分でも休憩を取って景色など遠くを見る習慣をつけましょう。

これは実体験ですが1週間ずっと家にこもった後

公園に散歩へ行ったとき遠くが見えにくなっていました…。

遠くが見えなくなると目の前の標識が見えにくくなったり

外で生活する上で不便になってきます。

おすすめ対策②

眼精疲労軽減アイテムを使う

眼鏡ブランド各社から「ブルーライトカット軽減 PC眼鏡」が販売されています。

目が疲れるのが気になる人はパソコン眼鏡を取り入れてみるのもおすすめです。

私はzoffのPC眼鏡を使っていて、このパソコン眼鏡の特長は3点あります。

  • 度なし眼鏡ー伊達めがねとしても使える)
  • ブルーライトカット率が35%と50%の2種類選べるー透明率に差がでます
  • 各4種類のフレームから自分の顔にあった眼鏡が選べる

今まで眼鏡をかけたことがなかったので伊達めがねとしても購入しましたが

家で使う予定だったのでブルーライトカット率50%の少し黄色がかったほうを選びました。

同僚は仕事でも使うために透明度の高い35%を選んで常にかけています。

仕事のオンオフを分けるアイテムとしてもおすすめです。

Zoff 楽天市場店



Yahoo!ショッピングで見る

まとめ

目の疲れに悩まされている方は

  • 生活/仕事習慣を見直す
  • オン/オフの区切りをつけるためにPCメガネ購入する

以上2点参考にしてみてください。

パソコンが原因で視力が悪くなりすぎないよう少しずつ見直していきましょう。