ガジェット

【購入レビュー】Apple Watchのメリット・デメリット

秋になるとApplewatchの新製品が出て話題になりますね。

今少しずつ増えているウェアラブル端末の代表ともなってきている「Applewatch」ですが、この記事を読むと以下の疑問が解消されます。

  • 購入して何かいいことあるの?
  • Applewatchの最新機種もいいけど、入門機のwatchSEでいいかなと思ってる。
  • 実際に購入している人の視点が知りたい
  • 今ApplewatchSEを購入する理由が欲しい
  • Applewatchのメリット・デメリットが知りたい

それでは、本題のほうに行ってみましょう:)

【購入レビュー】Apple Watch SEのメリット・デメリット

購入動機

私がApplewatchSEを購入したのは、2020年秋です。

購入動機は以下の通りでした。

  • Applewatch気になるけど、series6の血中酸素までは要らない。
  • 時計に5万近く出すのに抵抗がある。
  • 新しい物好き
  • 購入した人のレビューを見ると好意的な意見が多いので使ってみたい

メリット

実際に購入して感じた一番のメリットは

Applewatchの音声入力機能を使って

  • LINEの返信ができる ことでした。

例えばこんな場面で…

  • ベッドで寝ながらLINEを確認・音声入力で返信
  • ショッピングモールで待ち合わせするとき、常に携帯を確認する必要がない

2つ目に感じたメリットは

  • To doリストが活用しやすい ことです。

例えばこんな場面で…

  • 日常の中でのお買い物リストの作成(腕時計に音声入力)
  • お買い物中にTo doリストの確認・消し込み

リストの確認・消し込みするのは携帯を都度取り出さずにできるので便利です

3つ目のメリットは

  • バンドの選択肢がたくさんある ことです。

これはApple製品のメリットですね!

カジュアルなもの、ビジネスやフォーマルに合いそうなバンドまで選択肢がたくさんあります。

デメリット

使っていく中で感じたデメリットは以下のとおりです。

  • 毎日の充電がちょっと手間 です。

1日使う分には問題ありません。

しかし、以前通知専用のウェアラブル端末を使用していたときは充電が2週間近く持っていたのでApplewatch以前にスマートウォッチを使った経験がある人は毎日の充電が手間になるかも…。

2つ目のデメリットは

  • 1日中付けていたらwatchの後が腕についてかぶれができた。 

特に皮膚が弱い時、腕に汗をかいたときにwatchを外すと時計の形が腕にくっきりつきます…。私は特に皮膚が弱いことはないと思っていましたが、長期使用すると腕がかぶれそうです。

3つ目のデメリットは

  • 普段時計する習慣がない人・職業の人は文鎮化する可能性がある。

これはApplewatchに直接関係がない習慣に関わるデメリットですが、文鎮化は避けたいですよね(^^;

まとめ

メリット・デメリットを書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

Appleのウェアラブル端末が気になる!という方には入門機としてApplewatchSEはおすすめです。

今もショップにある現行機種ですし、新しい機種と違うところは楽天リーベイツを経由して購入すると楽天ポイントが1%でもポイントバックするところもちょっと嬉しいポイントです。

Applewatchが気になるけど、時計に5万も出したくない…って方はぜひ検討してみてください。